コーチング, コミュニケーション, モチベーション, 中学受験, 思考術, 未分類

時間がない!って言うのをやめましょう

 

中学受験の1年間はあっという間に過ぎてしまいます。

 

だから、4〜5年生から準備するのが当たり前のように言われています。

 

塾も必ずこう言います。

 

「時間がありません!」

 

中学受験を経験した受験生も親も必ずこう言います。

 

「時間がありません!」

 

 

もうね〜。

 

時間がない。時間がない。時間がない。時間がない・・・・・・・・・・・・・・。

 

この言葉のオンパレードなんです。

 

だから、今の子供たちは、

 

時間がないことくらい、

 

わかってるよーーーー!

 

なんです。

 

受験勉強をしない子ですら、習い事やなんだかんだで、

「時間がない!」

って、言われる時間感覚の中で生きているんですから。

 

それくらい、

 

今の時代、

 

子供には、

 

時間がない!

 

 

 

だからって、焦ってもいいことなんて一つもない。

 

それは、誰でもわかってる。

 

でも、親はついつい、

「時間がない!」

と、言ってしまう。

 

言われた子供はやる気が出ますか?

 

言ったことで、子供に良い影響を与えていると思いますか?

 

思いませんよね。

 

でも、時間がないのは事実なんです。

 

受験はなにせ、

カウントダウンですからね。

 

カウントダウンしてしまったら、何でも短く感じるし、時間がない!ってなりますよ。

 

だから、

少し物の見方を変えてみてはいかがでしょうか?

 

と、言う提案です。

 

 

例えば、

 

1日1日にしっかり目を向けてみてはいかがでしょう?

 

 

1日1日の積み重ねに目を向けましょう

 

 

実は、

1日にできることって、実にたくさんあるってことに気づいてますか?

「今日一日で、何時間勉強した?」

こう聞いてしまうと、1日って短いな〜って聞く側も聞かれる側も思ってしまいます。

 

「今日は何する?」

そう聞いてみてください。

 

そして、1日の終わりに、今日1日でできたことを全部言ってもらってください。

 

そうすると、

一日でやれることってもっとたくさんあるってことに、

親も子も気付くはずです。

「こんなにも無駄な時間があったんだね〜。この時間を使えばこんなことができるね〜」

って、ことに気づくんです。

 

 

家計簿と一緒なんです。

 

今まで家計簿をつけてなかった人が、家計簿をつけると、

無駄な出費がいかに多いかに気づくって言うでしょう?

「これ買う必要あった?」

それと同じなんです。

 

3〜5時間勉強しても、

じゃあ、その3〜5時間で何を勉強したのか?

どのような勉強をしたのか?

前回の復習は?

次回の予習は?

無駄な重複はなかった?

どれだけ休憩を取ったのか?

メリハリは?

そもそも、自分の子供の今日の体調は?集中力は?持続力は?

食事は?

睡眠時間は?

そう言うことがわかっていなければ、無駄な1日になってしまいます。

 

わかっていれば、

1日どれだけ何時間勉強したか?

重要なのはそこじゃない。

って、ことに気づきます。

「今日、そこ勉強をする必要あった?」

って、ことに気づきます。

子供は、放っておくと、食べたいものしか食べません。

遊びたいことしか遊ばない。

やりたいことしかやりません。

 

 

勉強も同じ。

苦手なことはやりません。

得意なことは放っておいてもやるし、どんどん伸びていきます。

でも、嫌いなこと、苦手なことは、いくら勉強時間を増やしてもやらないのです。

 

 

 

受験勉強も1日1日の積み重ねなんです。

そして、

1日の中の一つ一つのパートの積み重ねなんです。

肉ばかり食べても強い身体は作れません。

野菜も果物も摂った方がいい。

でも、それが嫌いだったら、どうすれば食べてくれるでしょう?

勉強もそれと同じです。

そんなことの積み重ねなんです。

 

1日1日を積み重ねて行けば、受験まで結構たくさんのことを積み重ねていけるんです。

 

 

あと、何日・・・・。

って、考えるから時間がなくなる。

 

でも、1日1日を大事に・・・・。

って、考えると、結構、いろんなことができるし、たくさんのことを積み重ねていける。

 

受験勉強は、何日間勉強したか?

の結果じゃないですよね。

1日1日の濃い中身をどれだけ積み重ねていけたか?

の結果です。

親がそこに目を向ける。子供にしっかりそこに目を向けさせる。

 

それが大事!

 

では、我が家では具体的に、どうやって時間を作っていたか?

どうやって、子供に、

「時間がない!」

と、思わせないか?

嫌いな科目をいかに克服したか?

などなどについて、

これから書いていきたいと思います。

 

次回は、

「1日あればこんなにもたくさんのことができる」

に、ついて、

お話ししたいと思います。

 

お楽しみに。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。